妊娠しやすい体にするには、精子や卵子に元気を与える栄養素を摂取することが大事です。
以下に紹介する栄養素には、ミトコプラスに配合されている独自成分「ミネラルCB-1」を構成する栄養素も含まれています。

【ビタミンD】
カルシウムの吸収に不可欠な栄養素です。
また、血中のビタミンD濃度が高い女性のほうが精子の着床率が高いという報告もあります。
しかし、紫外線を避ける生活が当たり前になった現代女性は不足しがちな傾向にあります。

【ビタミンE】
卵巣や脳下垂体に働きかけ、ホルモンバランスを整えてくれる栄養素です。
また、血液の巡りを良くするので、冷えの改善にも効果的です。
さらに、抗酸化作用もあり、卵子の老化防止も期待できます。

【コエンザイムQ10】
L-カルニチン同様、ミトコンドリアのエネルギー生成に必須の栄養素です。
また、抗酸化力で精子、卵子の老化を遅らせる働きもあります。
女性は、卵巣機能の維持や卵巣に保存してある卵母細胞の鮮度の維持も期待できます。

【亜鉛】
質のいい精子を作るために大事な栄養素ですが、インスタント食品が多い食生活が続くと不足し、喫煙・飲酒でも消費されます。
とくに男性の不足は精子の質を下げる原因なので、補給することが大切です。

【L-カルニチン】
精子が運動する原動力になるのが、ミトコンドリアが作るエネルギーです。
その生成に欠かせない栄養素のひとつがL-カルニチンです。
L-カルニチンの体内の濃度を上げることで、精子の運動能力が高まったという報告もあります。

【ビタミンB群】
細胞にエネルギーを届けて、疲労回復に効果を発揮するのがビタミンB群です。
疲れは、男性がセックスを避けてしまう理由のひとつで、回数が減れば、当然、妊娠の可能性も減ってしまいます。
普段の生活で疲れをためないように心がけましょう。