ヴィネアトロール・リコマット・還元型コエンザイムQ10の複合成分!

ミトコプラスのメイン成分は、独自成分である「ミネラルCB-1」です。

ゲンナイ製薬が開発した独自成分なので、他のサプリメントでは見ることのない成分です。

このミネラルCB-1とはどういう成分なのでしょうか。

ミネラルCB-1は、具体的には、ヴィネアトロール、リコマット、還元型コエンザイムQ10の複合成分ということです。

ヴィネアトロール:フランスのアクティケム社製のレスベラトロール製剤で、ボルドー地方のブドウの新芽・若づるのみを使用して製造されている成分です。高品質のポリフェノールです。

リコマット:世界No.1のリコピンシェアを誇るイスラエルのライコレッド社製の成分で、通常のリコピンと比べ吸収率が格段に高くなっています。

還元型コエンザイムQ10:日本のカネカ社製の還元型Q10です。生命維持・活動に必要なエネルギーを生み出すのに不可欠な成分です。

また、ミトコプラスの成分・原材料についてはこのようになっています。

【栄養成分:2粒あたり】
エネルギー:5.6kcal たんぱく質:0.25g 脂質:0.45g 炭水化物:0.14g 食塩相当量:0.0007g

【原材料】
DHA含有精製魚油、ゼラチン、L-カルニチン、L-酒石酸塩、みかん末、ぶどうわかめエキス、還元型コエンザイムQ10/グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、トマトリコピン、カラメル色素、レシチン(大豆由来)、カロテノイド、酸化防止剤(V.E)

>>> ミトコプラスの購入:公式サイトはこちら

ミトコプラス



時間に追われている奥様が、常日頃一定の時間に、栄養が多い食事を摂取するというのは、無理ではないでしょうか?そういう多忙な主婦向けに、妊活サプリが販売されているのです。

いかなる理由で葉酸を摂り入れるべきなのかと言ったら、生命のベースとも言えるDNA合成に要されるものだからなのです。バランスを考えない食事とか、何も口に入れない系のダイエットなどに挑戦しなければ、葉酸が充分でなくなることはないと言えます。

古くは、女性側だけに原因があると指摘されていた不妊症でしたが、正直言って男性不妊も相当あって、二人協力し合って治療に取り組むことが大切になります。

不妊には数々の原因があるそうです。これらの中のひとつが、基礎体温の異常になります。基礎体温が変調を来すことにより、生殖機能もおかしくなることがあるとされています。

葉酸は、妊娠した頃から服用したい「おすすめのビタミン」として有名になっています。厚労省としては、特に妊娠以前から妊娠3ヶ月迄の何カ月という期間は、葉酸を十二分に摂り込むようおすすめしています。

葉酸を体内に入れることは、妊娠状態のお母さんは勿論、妊活に勤しんでいる方にも、本当に必要とされる栄養成分だと言えます。それから葉酸は、女性は言うまでもなく、妊活している男性にも摂取してもらいたい栄養成分だと言えます。

日本人女性の初婚年齢は、約29歳だと発表されていますから、多くの方が妊娠を希望する時というのは、既に妊娠力はピークに達していると考えるべき。それから先は、坂を下るというのが実態です。

好きなものしか食べないことや生活の乱れが元凶となり、ホルモンバランスが不調になり、生理不順になっている人はとても多いのです。一先ず、しっかりした生活と栄養成分豊富な食事を摂って、様子を見ることが大切です。

葉酸は、妊娠がわかった時点から補充した方が良い「おすすめの栄養分」として知られています。厚労省では、特に妊娠する以前から妊娠3ヶ月迄の数カ月という期間は、葉酸をいっぱい摂取するよう訴えております。

妊娠したいなら、常日頃の生活を再点検することも必要不可欠です。栄養満載の食事・満足な睡眠・ストレスからの回復、以上3つが健康な体には必須なのです。

受精卵については、卵管を通過して子宮内膜に根付きます。これが着床と呼ばれるものですが、子宮にトラブルがある時は、受精卵がきちんと着床出来ませんので、不妊症の要因となります。

妊娠ないしは出産というのは、女性独自のものだと考える人が多いと言われますが、男性が存在していませんと妊娠はあり得ないのです。夫婦の両者が健康の維持を意識しながら、妊娠に向かうことが必須条件です。

妊娠を希望するなら、ライフスタイルを正常化することも大事です。栄養たっぷりの食事・眠りの深い睡眠・ストレスの回避、これらの3つが病気を寄せ付けない体には欠かすことができません。

妊活中の方は、「思い通りにならないこと」で悩み苦しむより、「今の時点」「ココで」できることを実践して気持ちを新たにした方が、通常の生活も充実するはずです。

「不妊治療をやっているにも拘らず、赤ちゃんの気配すらない」、「同年代の女性は出産して幸せをみんなで分かち合っているのに、なぜ私はできないの?」そのような感情を持っていた女性は多いはずです。